鳩撃退も大切だけど、糞の対処法を知っておくことも大事

鳩撃退のために施工を施した業者の話を紹介 鳩撃退のために施工を施した業者の話を紹介

鳩の巣を作らせないためには

ベランダにある室外機は、鳩からするととても住みやすい場所になります。しかし、室外機の後ろや、室外機の下に巣を作るので中々気づくことができません。鳩に巣を作られてしまうと追い払うのに骨が折れます。ここでは鳩に巣を作らせない方法などを紹介していきます。

室外機に鳩の巣を作らせない方法

鳩は巣を作るために安全そうなベランダを探しています。そこで、ベランダにきた鳩をびっくりさせて追い返せば大丈夫と考える人も少なくありません。ところが鳩は、一度追い払われた程度であれば懲りずにまた来ます。もし一度追い払った鳩が、ベランダに戻ってきた場合は要注意です。鳩を寄せ付けないためにもベランダが散らかっていたらまず片付けましょう。また小枝など鳩の巣作りができそうな、巣の材料になりそうなものは置かないように気をつけてください。定期的に清掃を行なうことが、鳩に巣を作らせない重要なポイントとなります。

鳩の糞を掃除する時のポイント

ぬるま湯で柔らかくする

鳩の糞は乾きやすいです。乾いた糞をほうきなど使い片付けようとすると、糞から菌が舞いやすくなります。菌が空気中に拡散するのを防ぐためにも、一度ぬるま湯で糞を濡らしましょう。糞を濡らすと、乾燥している時よりも取り除きやすくなります。

消毒液を散布する

濡れた糞を、スクレイパーで片付けた後は消毒しましょう。消毒用のエタノールを糞があった場所に撒きます。鳩の糞には大量の病原菌が潜んでいるので、糞があった場所は非常に不衛生な場所となっています。そのため、念入りに殺菌しましょう。

キッチンペーパーでふき取る

固着していないまだ新しい糞は、先に消毒用のエタノールを吹きかけキッチンペーパーで取り除きましょう。また、ベランダの手すりにも糞が付着していることも多いです。この手すりに付いた糞も、糞の上にキッチンペーパー置き消毒用のエタノールを吹きかけてから除去すると良いです。

TOPボタン